knowledge of the hunting capハンチングの知識と種類・似合う着こなし

kind of hunting cap ハンチングの種類

鳥打帽とも呼ばれる、イギリス発祥の狩猟用の帽子。
今の日本では細長いものが主流ですが、本来なら丸い形のものが一番正当です。男性の人気が高い帽子です。
探偵帽としても印象が強い帽子です。

モナコハンチング・アイビーハンチングとは

スタンダードなハンチング

ハンチングと言われて思い浮かぶ、一枚天井の一番ポピュラーな帽子。両方とも細長いハンチングを指すのに使われます。アメリカでアイビーハンチングは通じますが、モナコハンチングという故障は日本独自のもののようです。モナコハンチングの定義がぶれていて何がなんやらといった状態なのですが、ほぼ同じ「細身の一番定番なハンチング」を指すのに使われると考えて問題ありません。
面長さんがかぶるとスラっとした印象を崩さずに面長感を軽減してくれるのでよく似合います。

プロムナードハンチングとは

フェルトのプロムナードハンチング

コロンとした丸いフォルムが特徴的なハンチング。ハンチングは布物が多いのですが、プロムナードはニット製・フェルト製のものが大半を占めます。
丸顔さんや大顔さんにも似合うハンチングです。

キャスハンチング・キャスケットハンチングとは

スウェットの6枚はぎのキャスハンチング

本来はキャスケットもハンチングの中に入るのですが、日本では違う分類として扱われているためこのような呼び名の種類があります。
主に、キャップのような8枚接ぎのトップを使ったハンチングを指します。後頭部だけ8枚はぎ風になっていたり、ボタンでキャスケットにもハンチングにもなったりするものもあります。
他のハンチングに比べてカジュアルな印象になります。
トップからボリュームがあるので小顔効果があり女性に人気です。

>>顔タイプ別のハンチングの選び方

hunting cap material 素材の種類で選ぶ

夏だとコットンやポリエステルのものが主流です。
ブルーのメッシュハンチング
ジュートやメッシュなどの変わったハンチングもあります。
浅めで通気孔のある帽子も多いのでムレにくく、夏にも快適にかぶっていただきやすい帽子です。細長いものが多いので、日除けにおすすめできる物はあまりありません。
冬はウールやアクリルのものが多いです。寒さが気になる方は耳あて付きのハンチングなんていうのもあるのでいかがでしょうか?
千鳥格子柄のハンチング
柄ナシやシックな色合いが人気ですが、柄物も多くあり、チェックやヘリンボーンは定番中の定番!イギリスの帽子なのでブリティッシュな柄のものが多いのです。
パッチワーク風の異素材使いが多いのもハンチングの特徴です。
少数ですが、花がらやストライプなどもあります。

hunting cap decorations 飾りの種類で選ぶ

女性向けのデザインが少ないためか、飾りの付いているものはみかけません。まれにコサージュの付いているものを見ることはありますが、ほとんどはタグ程度のかざりです。
サイドにベルトの付いたジュートのハンチング
デザイン上、左右や後頭部にベルト飾りが付いているものが多くあり、サイズ調整も兼ねた実用的な飾りです。

hunting cap size サイズ調整の種類

後頭部にゴムが入っていたり、ベルトが付いていたりとサイズ調整機能のあるものが多いです。頭のサイズの大きい方におすすめできるものもあり、男性へのプレゼント用にも安心してご購入いただけるかと思います。

hunting cap form フォルムで選ぶ

正面から見て、つばの長さが顔幅を少し超えるような帽子だとバランスよくかぶれます。顔が小さい方がつば長めのハンチングを被るとアンバランスになるので、できるだけ小ぶりなものを選ぶと良いです。丸顔の方がつば長めを被るとスタイリッシュに見えます。

hunting cap carry 持ち運びなど

中には型崩れする帽子がありますが、ほとんどがつば以外柔らかいので、持ち運びにも便利。素材により価格はピンきりですが、無地のものだと価格の安いものもたくさんあります。
形が崩れるため洗えないものも多くあります。

14+ Search 14+のハンチング

帽子屋14+のハンチングをさらに検索!

    • 4,500円以上のご購入で送料無料
    • クレジットカード後払い決済・代引のご利用OK
    • 会員登録でポイント還元サービス実施中